シロカのホームベーカリーを購入した理由



10年ほど使ったパナソニックのホームベーカリーが壊れたので、新たにシロカのホームベーカリーを購入し、とてもよかったのでご紹介します。


はじめて買ったのが、MK(エムケー精工)、その次に憧れのパナソニック、そして、今回のシロカで3台目となります。


この記事では、シロカの他、パナソニックMK(エムケー精工)とも比較してホームベーカリーについて検討してみます。


こちらがシロカのホームベーカリーで焼いた食パン。1.5斤です。



シロカのホームベーカリーのよかったポイント、その1 シンプルなデザイン

こちらがシロカのホームベーカリーです。


立方体に近く、丸みが少なくシンプルな形です。


なぜか日本の家電は丸みが多いですよね、、、ただ四角くければいいのにと思います。



ホームベーカリーには、よくバケツの取っ手のようなものがついているのですが、置く場所を決めてから移動させることはあまりないので、私には不要です。


以前、MKも使っていたのでMKのホームベーカリー1.5斤も検討したのですが、デザイン的に今回は受け入れがたくNGとなりました。


2斤が焼けるパン焼き器を探していたのですが、パナソニックの2斤は、帽子のようなものが乗っていてNGでした。


2斤焼けるシロカのホームベーカリーが今回、私が購入した上記の画像です。

シロカのホームベーカリーのよかったポイント、その2 食パンが美味しかった

これは焼いてみないとわかりませんが、美味しかったです。


30年前は、美味しいホームベーカリーの食パンといえばパナソニック(ナショナル)でした。


同じ材料を入れても、なぜかパナソニックは美味しかったんです。


ところが、今回のシロカの食パンは、美味しかったです。


羽根の穴がいやで、ホームベーカリーで一次発酵までして、二次発酵は食パンの型に入れて焼いていました。




これが、1.5斤の型で焼いた食パンです。


ところが、シロカのホームベーカリーの羽根の後は不思議と気になりません。


きっと、羽根の形を工夫しているのだと思います。


また焼き上がりのパンの形が横長なのも素晴らしいです。


2斤や1.5斤で縦長だと、ずいぶんとのっぽになってしまうので、この横長に仕上がる焼き型は嬉しかったです。

シロカのホームベーカリーのよかったポイント、その3 お安い!!

同じ2斤、または1.5斤のホームベーカリーで値段を比較してみます。


  1. siroca (シロカ)全自動ホームベーカリー SHB-122(2斤) 9,480円

  2. siroca (シロカ)全自動ホームベーカリー SHB-712 (2斤) 14,080円

  3. エムケー精工(MK精工) 自動ホームベーカリー ふっくらパン屋さん 16,180円+送料

  4. パナソニック ホームベーカリー 2斤タイプ ホワイト SD-BMT2000-W 38,327円


私が購入したのは⑴のシロカです。


⑵とのちがいは、天然酵母、ヨーグルト機能が追加されていること。


天然とヨーグルトは常温でもできるので、シンプルな⑴にしました。


1万円以下で満足のコストパフォーマンスでした。




シロカのホームベーカリーのよかったポイント、その4 米粉機能なし

私は、米粉パンは作りません。


グルテンフリーは素晴らしいですが、パンはやっぱり小麦です。


小麦は少々こだわっていて、やはりポストハーベストが気になるので、国産小麦に限定しています。


はるゆたかブレンド

石臼挽き パン用全粒粉 /北海道産

パン用全粒粉 /北海道産


シロカのパン焼き器は、私には米粉などの余計な機能がなく、シンプルでお安くて満足です。


小麦を炊いたご飯に置き換えてもっちりした「ごはんパン」が作れるようなので、こちらは試してみようかな、と思います。




ちなみに食パンをカットするのは、スケーター 食パンカットガイド DX 包丁ガイドが便利です。


こちらが、シロカの食パンをカットしたところです。




#ホームベーカリー #比較 #お安い #シロカ #パナソニック #MK #パン焼き器